健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

NHK受信料を解約できるテレビがドンキから発売

NHKのテレビ放送が受信できる設備を持つ人は、実際にNHKの番組を見るかとは無関係に、法律上はNHK受信契約を結ぶ必要があります。とはいえ、NHKどころかテレビ番組自体をほとんど見ないのに、年1万円以上のNHK受信料を支払うのは無駄でしょう。そうした人向けに、NHK受信料を解約できるテレビが発売されました。



スポンサーリンク
NHK受信料を解約できるテレビがドンキから発売

テレビチューナーなしでNHK受信料解約

最近、国内で販売されるテレビはネット機能を利用するために「Android TV」を搭載するモデルが増えています。Android TVは、ネットコンテンツの視聴だけでなく、テレビ放送のリモコン操作や録画予約といった機能にも使われています。

Android TV搭載テレビは、Netflixをはじめとした動画配信サービスもAndroidアプリの追加で視聴できるため、設定がより簡単にに行えます。そのため、テレビを持ちながらAndroidアプリで動画を視聴することが増え、テレビチューナーが必要ないと感じる人も少なくありません。

しかし、Android TV搭載テレビで動画配信サービスのみ視聴している人であっても、テレビ受信用のアンテナが接続された状態ではNHK受信契約を結ぶ必要があります。「それなら、いっそのことチューナー自体をテレビからなくしてしまえばよいのでは」と考えられたテレビが、ドン・キホーテから発売されました。

NHK受信料を解約可能なスマートテレビ

ドン・キホーテのプライベートブランド「情熱価格」から発売された、「Android TV機能搭載フルHDチューナーレススマートテレビ」は24型と42型の2サイズをラインアップ。価格は24型が2万1780円、42型が3万2780円です。

「Android TV機能搭載フルHDチューナーレススマートテレビ」はChromecastを内蔵しているため、Wi-Fi接続で動画配信サービスを視聴するだけでなく、スマホの画面をテレビに表示可能。同様のことはパソコン用モニターでも行えますが、Chromecastを別途用意する必要があり割高です。

この「Android TV機能搭載フルHDチューナーレススマートテレビ」を所有するだけで他のテレビ受信設備がない世帯は、NHK受信契約を結ぶ必要はありません。すなわち、NHK受信料を解約可能です。ただし、NHKのテレビ放送だけでなく、民放テレビ局の番組も視聴不可能になります。

■「NHK受信料」おすすめ記事
NHK受信料の未払いを続けると契約はどうなる?
NHK受信料に「時効」を適用させるための手続き
ホテルのNHK受信料は1部屋ごとに請求されていた
NHKの4Kテレビ放送の視聴する受信料はいくら?
NHK受信料の割増金が放送法改正で導入される?
NHK受信料の全額免除に高校は含まれているか?
4月に改訂の「NHK受信契約」内容どう変わった?
NHK受信料の消費税は軽減税率適用外で「10%」
BS対応マンションでNHK受信料を地上契約に変更
受信料で支払われるNHK職員の年収は1097万円
NHK受信料の延滞金は料率が年利12%と高かった

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事